たまりば

  日記/一般 日記/一般  あきる野市 あきる野市

2013年12月10日

いけに

今方が池のそばにある大きな木に登ると池にうつったのかとみてもあとは池に飛び込みました。馬方は山の中の一軒家にを逃げ込み2階にあがりました。そこへ万部が返ってきた。清川しました。山姥が居眠りをはじめたので馬方は蚊帳をストローにして山崎をのんでしまいますやまがたみのさまさま妥協のてあつあつのていると綿は火の神火の神の教えます。次に山本のも跳躍とも方は返さず食べてしまいます。山姥が火の神さんなら仕方ねえな石のから土佐入れてかという苫方が山本の期の体にはいります。は肩を用の貸し手機能体に気にきりと穴をあけました。る万場は4棟、来たわけり切虫が鳴いているという方がネットを得ずに畜生生涯かけて問いました。そのうち八つい助けろと叫びました。この魅力の話の魅力は前半の恐ろしいうまんまと中谷まんまとしてやられる後半の間抜けな山姥の二面性にあるといえます。特に山姥がカラやの中でころころ鳥が啼く中津かじ取りがなくななどというリズミカルな方や聞き手を楽しませてくれるのです。用紙の太郎は髪をいじめている子供たちを兼ね軽くい鳥海に身がしたりました。それからしばらくして釣りに行くとカネが現れてたのを流行昭和招待したのです。


  • 上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    いけに
      コメント(0)